ペルソナ 買取

  •  
  •  
  •  

ペルソナの買取りで少し高く売る方法を大公開!

ペルソナについての情報をまとめています。ペルソナは売るときにどんなことに気をつけたほうがいいのか知りたい方はこちら。また、高額買取の秘訣も紹介しています。

マツダのペルソナ、ハードトップ自動車

 

 

ペルソナは、マツダが販売を行なっていた、カペラベースの、
4ドアピラーレスのハードトップ自動車です。
ライバル車種は、トヨタのカリーナEDとして、
1988年に登場しました。

 

このペルソナは、インテリアイズムというキャッチフレーズを掲げ、
デザインを最優先として作られた車です。
そうした事から、パートナーを乗せて走るための車、
とまで言われているものになります。

 

そのため、内装に非常に力を入れられている車であり、
インテリアには豪華な仕様が多く取り込まれています。

 

ペルソナは例えば、灰皿やライターはオプション設定であるため、
禁煙車両としても当時は注目を浴びました。
フロントグリルには仮面をモチーフとして、七宝焼きのエンブレムが取り付けられ、
さらにはインテリア重視であるために、グローブボックスがないこと、
ラウンジのソファーであるかのようなリアシートなどが印象的です。

 

こうした、非常に特徴的な様々な車の特性から、
ペルソナは1988年のベストカーインテリア・オブ・ザ・イヤーを受賞するほどでした。
更に姉妹車として、よりスポーティな車の、
ユーノス300も登場。
1992年に生産が終了していますが、MS-8が後継者として販売されています。

車買取と車検

 

車買取と車検について。
車を売るとき、気になるのが車検です。
車検があまり残っていない場合、
査定前に車検に通しておいたほうが良いのでしょうか?

 

 

結論から言うと、査定前に車検に通しても、
メリットは限りなく低いと考えておきましょう。
車検を通してから査定に出すと、次に購入する側としては有り難いのですが、
売却する側にとってはそれほどメリットはありません。
確かに、多少査定に影響は出ますが、
コストが上乗せされるかといったらそれは違います。

 

 

ですから、たとえ車検が切れていても、
車検が残りわずかでも、そのまま査定に出してしまってもOKです。
わざわざ律儀に車検に通し、お金を使ってしまうよりも、
そのまま査定に出したほうが損はしませんからね。
また、車検切れや車検前の車だからといって、
査定が大きくマイナスになることはありません。
もし車検前の車で大きく減額された場合は、
契約をせず他の業者を選びましょう。

 

 

 

車を手放すとき、少しでも得をしたいのであれば、
売却時のポイントなどを知っておくと良いでしょう。
何も知らないまま査定をしてもらうと、損する可能性が高くなります。

 

自動車の査定は複数の業者に頼もう

廃車ってどれくらいの費用が必要になるの?

 

廃車は無料ではありません。
状態がひどい場合は、無料で廃車をしてくれることもありますが、
基本的に廃車には手数料がかかってきます。

 

 

どんな費用がかかってくるのかというと、
●解体費
●リサイクル料
●抹消登録費

 

 

この3つです。
リサイクル料金は、2005年1月から施行されたもので、
処分した車をリサイクルする時に必要になる費用のことを言います。
法律で決まっていますから、必ず支払わなければいけません。
その費用は、車種や車の大きさによって異なります。
普通自動車であれば、1万円程度。
軽自動車なら8000円程度になります。
何れも国産車の場合ですから、
外国車になると1万円以上(15000円程度)になります。
大型車であれば、2万円程度ですね。

 

 

 

解体費用はどうでしょうか?
相場は、約1万円。
業者によっては無料になる場合もあります。
なかには、その費用を受け取れる業者も・・・。
お得に廃車をするなら、そういった業者を選ぶようにしましょう。

 

 

抹消登録費用は、350円。
手続きが必要ですから、陸運局で手続いを行いましょう。

 

 

 

ちなみに、この時必要になる書類は、
車検証・印鑑証明書・ナンバープレート(2枚)

 

神戸で愛車を手放す前に知っておきたいこと

車種について

 

ペルソナの買取りで少し高く売る方法を大公開!

Copyright ペルソナの買取りで少し高く売る方法を大公開! All Rights Reserved.